FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
タキツバベスト試聴しました!
2007 / 10 / 17 ( Wed )
映画館で一度見ました。
トップアイドルなのに素朴さを失わない、
そして本当に仲のよい彼らだからこそ醸し出せる雰囲気が
とても優しい気持ちにさせてくれる映画だと思いました。
どうせなら特典がある方が、と思い初回限定版を買いましたが、
特典映像などもさることながら、
本編のオーディオコメンタリーがとてもいいですね。
犬童監督と嵐の5人が改めて映画を見ながら、
裏話や思い出、見所などをまったりと語っていて、
作品も彼らそのものもますます魅力的に見えます。
ちょっと値段は高いけどそれだけの価値はあると思いますが、正直、映画的にはどうなのかなぁとあまり期待しないで観ました。
もともと熱心な邦画ファンでもないですし、むしろ、邦画にありがちな「勝手なこだわりと自己満足」「退屈な展開」みたいなのがキライなほうなので、この映画もやっちゃっているんじゃないかと思っていたのです。

そんな態度でしたので、1回目は他の事をしながら流し気味で観たのですが、観終わった後の感じが、何ともしみじみとさわやかで「あれ?何だか結構面白かったかも知れない。」という気持ちになりまして・・・。

届いてから3日ほどですが、もう3回くらい観ました。

観るたびに段々、この映画の世界が心の中に広がってくるみたいで、感銘が深まります。

初めは嵐のファンと言うこともあって「嵐」のメンバーの本来のキャラクターと言うフィルターが邪魔をしていたのが、回を重ねるごとにスムーズに「黄色い涙」の世界に入っていけるようになった・・・ということかも知れません。

従って、嵐のファンでない方は、かえって案外スムーズに、この世界に入っていけるのではないかと思います。

1960年代と言う昭和時代の空間を立体的にも温かく作り出しているところも好感が持てますし、5人の演技も見ごたえがあったと思います。

自分が生まれる前の世界で、自分の親世代の青春の息遣いを体感できる、何だか懐かしくてしみじみとした、素敵な映画です。

嵐ファンにも、そうでない方にも、楽しんで、そして青春の甘酸っぱさにちょっとだけ涙していただけるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
14:52:40 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。