FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
タキツバベスト試聴しました!
2007 / 10 / 17 ( Wed )
映画館で一度見ました。
トップアイドルなのに素朴さを失わない、
そして本当に仲のよい彼らだからこそ醸し出せる雰囲気が
とても優しい気持ちにさせてくれる映画だと思いました。
どうせなら特典がある方が、と思い初回限定版を買いましたが、
特典映像などもさることながら、
本編のオーディオコメンタリーがとてもいいですね。
犬童監督と嵐の5人が改めて映画を見ながら、
裏話や思い出、見所などをまったりと語っていて、
作品も彼らそのものもますます魅力的に見えます。
ちょっと値段は高いけどそれだけの価値はあると思いますが、正直、映画的にはどうなのかなぁとあまり期待しないで観ました。
もともと熱心な邦画ファンでもないですし、むしろ、邦画にありがちな「勝手なこだわりと自己満足」「退屈な展開」みたいなのがキライなほうなので、この映画もやっちゃっているんじゃないかと思っていたのです。

そんな態度でしたので、1回目は他の事をしながら流し気味で観たのですが、観終わった後の感じが、何ともしみじみとさわやかで「あれ?何だか結構面白かったかも知れない。」という気持ちになりまして・・・。

届いてから3日ほどですが、もう3回くらい観ました。

観るたびに段々、この映画の世界が心の中に広がってくるみたいで、感銘が深まります。

初めは嵐のファンと言うこともあって「嵐」のメンバーの本来のキャラクターと言うフィルターが邪魔をしていたのが、回を重ねるごとにスムーズに「黄色い涙」の世界に入っていけるようになった・・・ということかも知れません。

従って、嵐のファンでない方は、かえって案外スムーズに、この世界に入っていけるのではないかと思います。

1960年代と言う昭和時代の空間を立体的にも温かく作り出しているところも好感が持てますし、5人の演技も見ごたえがあったと思います。

自分が生まれる前の世界で、自分の親世代の青春の息遣いを体感できる、何だか懐かしくてしみじみとした、素敵な映画です。

嵐ファンにも、そうでない方にも、楽しんで、そして青春の甘酸っぱさにちょっとだけ涙していただけるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
14:52:40 | 未分類 | page top↑
メダルイベントのクエスト情報!
2007 / 10 / 17 ( Wed )
夢を追いかける覚悟、
夢をあきらめる覚悟、どちらも辛く苦しい。

夢と向き合うことはどういうことか考えさせられます。
話の内容は、好き嫌いが分かれるかもしれません。
正直なところ物語自体はそれほど・・・(あくまで個人的感想です)だったのですが、
部分的なシーンや ふとしたフレーズが、ズシンと頭を揺さぶってきます。
有名映画のような激しい起承転結の物語の類いとは異なり、
この物語にあるのは単純に「リアル」で、直接心に訴えかけてきます。

初回特典の、コメントや映像は、嵐ファンはたまらないと思います!
そうでなくとも、監督のコメントや役者の言葉に触れる事で
よりこの映画を理解できると思います。

個人的に登場人物達と境遇が似すぎているので胸が締め付けられる思いでした。
物語は・・・(上にも書きましたが個人的主観)と感じたのに、良い映画だなぁと思える不思議な作品です。
14:49:50 | 未分類 | page top↑
美童他、有閑倶楽部の画像
2007 / 10 / 17 ( Wed )
嵐のファンなので、メイキング目当てで初回限定版を購入。
はっきり言って本編はそれほど期待してませんでした。かっこいい嵐が好きなので・・。
でも期待しないで見た本編がすごいよかった。
ほかの方が書かれてる 大野君、相場君、桜井君のダメ3人がいい味だしてる。
あと、ニノが最後に「俺ってばかだろ!」って言うシーン・・。ほれちゃいます。
みんなよかった。大野君が特に今とダブって・・。
この映画は見て損はないです。現代の嵐ファンの方でも!自分自身は60年代にはまだ生まれていなかったので、
時代背景は違いますが、大学生ぐらいの時、誰かの部屋を溜まり場にしては
飲んだり語ったりはしゃいだりして過していた頃をつい振り返ってしまいます。

無駄なようで無駄じゃなかったような、ダメっぷりを競い合うような日々が
甘く思い出されてとてもツボにハマりました。
中でも大野・相葉・櫻井のどこまでもダメな3人組には笑いがこらえきれません。

コメンタリーを聞くとさらに愛着のわく作品ですので、劇場で見られた方も
DVDでご覧になってはいかがでしょうか?
もともと、嵐のシングルによく収録されているシークレットトークが
好きなので、このコメンタリーが一番楽しみだったかもしれません。
14:47:26 | 未分類 | page top↑
亀田史郎氏反則行為について語る!?
2007 / 10 / 17 ( Wed )
亀田一家による著書は長男の書いた本と親父の書いたこの本の2冊です。長男名義で出されている本は(わざと粗雑な文体を演出しているが)難しい漢字の多用と文章構成の破綻が全くないという、ゴーストライター臭がプンプン漂う内容的にもつまらない物でした。
しかし!こっちの親父の書いた本は(本当に本人が書いたかどうかは別問題として)亀田親父の異常な価値観が内容に忠実に反映されており結構楽しめます。ただ残念なのは活字になっている事。あの親父の手書きの文字を全文そのまま印刷してくれたらファンも喜んだと思うし、アンチ亀田(=まともな日本国民)も大笑いして楽しめたと思うし、著者にとっても本人が書いたという証明になるわけですから良いことずくめだったと思います。出版社の方、もし次回作があるのなら検討して下さい。
子育てについては「アメとムチ」が大切な事に関しては異論はありません。しかしこの親父の場合はムチについてはもう常識の範囲を超えた脅迫と恫喝としか思えない物であり、アメに関しては他人にどんな迷惑が掛かっても自分(と自分の子供)の利益だけを考えて与えるという考え方のようです。
「子は親を選べない」といいます。こんな親に育てられたら悲劇です。それはわかるんだけど…でもやっぱりあのガキどもに同情する気は全く起きないんだよなあ。
14:43:50 | 未分類 | page top↑
ライセンス停止処分その他処分あり!
2007 / 10 / 17 ( Wed )
亀田史郎が興毅に書いた手紙
興毅 ほんとうに おめでとう
お前は もう 親父だけの者ではない
今や世界の亀田興毅になったんじゃ
それも山あり谷ありの厳しい勝負の道を
ひたすら歩み続けたからこそ今日の栄光が会った
しかしボクシングの道は終った分けではない
これから厳しいボクシング道が待ってる
興毅よ万文の山はいくつはばまおうとも
戦陣の谷に何度も落ちようとも前え 進め
最後に 本当におめでとう 親父

アニメ「侍ジャイアンツ」最終回より
番場よ、本当におめでとう。
おまえはもうジャイアンツだけのサムライではない。
今や世界のサムライになったんじゃ。
それも山あり谷ありの厳しい勝負の道を
ひたすら歩み続けたからこそ、今日の栄光があった!
しかし、野球の道はこれで終わったわけではない。
これから厳しい野球道が待っている。
サムライよ、万丈の山がいくつ阻もうと、
千尋の谷に何度落ちようと、前へ進め!
その前途を祝って、もう一度言わせて貰おう。
番場蛮、本当に、おめでとう!
14:41:02 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。